幼児教育の一環|英検を取得するなら小学生のうちから学ぼう

英検を取得するなら小学生のうちから学ぼう

女の子

幼児教育の一環

子供

現代の社会はグローバル化が進み、英語の重要性が注目されています。いざ、英語を話そうとしてもなかなか話せないものです。最近は、小学校でも3年生から英語の授業が義務化されたように、教育現場にも変化が見られます。幼稚園や保育園でもカリキュラムが組まれる程です。英語が話せる先生や外国人の先生が来られたりしています。子供に英語が話せるようになって欲しいと願う親の希望がある為、幼児教室など急速に普及しています。ただ、まだ幼い子供に英語を教え続けて肝心の母国語である日本語をおろそかにしてはいけません。日本語がきちんと理解出来ていないと両方が中途半端の状態になります。幼稚園ではそこをバランス良く学ぶ事ができます。

では、いつから学んだほうがいいのでしょうか。年齢に合わせて学んでいった方がスムーズに頭に入ります。0歳から1歳の頃などまだ日本語も解らない赤ちゃんなので、CDやDVDを流すだけでも学びになります。音を聞き分ける能力に長けているので様々な効果を期待できます。1日30分から2時間ぐらいが理想です。2歳から3歳になると聞くだけではなく、歌ったりダンスしながら英語は楽しいものだと感じる事ができます。そうする事によって楽しく続けられます。4歳から6歳になると幼稚園にも通って日本語など学び理解もできて、自分の意思を表現出来るようになる時期なので英語によるコミュニケーションを楽しめる機会を持つのも良いでしょう。さらには、幼稚園だけではなく英語教室などに通ってみるのもおすすめです。