英検を取得するなら小学生のうちから学ぼう

男の子

英語力のある子供にする

女の子

子供の上達力はすばらしい

英語は世界で4人に1人が話す事が出来ると言われており、多くの国で公用語となっています。日本でも小学校から英語教育が始まり、小学生の英語力向上の際の目標として英検が重要視されています。言語は聴力が優れ脳も吸収力が早い幼いころから学び始めれば上達も早いので、小学生のうちから学び始める事で中学、高校とその後の英語の授業に余裕ができ楽になるメリットがあります。ただ英語に触れるのではなく、英検を受けながらしっかりと身につく学習をしていく事が大切です。小学生の英検取得の目標はまず、5級です。筆記試験とリスニング問題がありますが、どちらも初歩的な英語の理解が出来ていれば合格できます。リスニングは、子供は上達が早いです。普段の生活の中で、英語の音声を聞く習慣をつける事が合格への一歩です。

挑戦する楽しさを覚える

小学生が英検を受験するときには、「みんなが受験するからなんとなく」ではなく、まずはしっかりとした目標の設定が大事です。目標を持ったうえで、勉強し、合格するというプロセスを経る事で、一生懸命勉強して努力した達成感を感じます。そして、さらに上の級も目指すモチベーションが生まれるのです。その教訓は、必ずその後の学習でも生かされますし、英語がどんどん上達していき人間としての自信がでてきます。また、試験前に感じる緊張感なども小さいうちから体験することで、だんだんと慣れてくるものです。英検のために学習すれば、実際の生活でも使える英語が身につきますし、高校入試や大学入試の際に英検取得者を優遇する学校もあります。これからのよりグローバルな社会で必要とされる人材になるには、英語が出来る事を証明できる英検の取得が大変重要になるでしょう。

子供の成長に繋がる

先生と生徒

幼児教室には様々な種類がありますので、吉祥寺で子供を通わせる場合は目的を考えてみましょう。学校に進学した際に有利になる幼児教室に入学させれば集団生活に馴染みやすくなります。また子供に楽しく学んでもらうためには、幼児教室を事前に見学して相性があう人の在籍している場所を探しましょう。

詳しく読む

幼児教育の一環

子供

現代はグローバル化していき英語が注目されています。幼稚園でも英語を学ぶ事ができます。0歳1歳はCDやDVDなどを聞きながら、2歳3歳は歌ったりダンスなどで楽しみ、4歳から6歳は英語でコミュニケーションを取ったり教室に通うのもおすすめです。

詳しく読む

まっすぐと健やかに育てる

教師と幼児

最近は幼稚園児から小学生までの、子ども向けのスポーツ教室が増えてきており、ダンスやサッカー、体育授業など、様々なスポーツに触れることができます。スポーツ教室は、運動機能だけでなく心にも大きな影響を与えてくれるので、子どもの健全な成長のためには最適です。

詳しく読む